30代で料理未経験でも遅くない!現役シェフがコツを教えるよ!

30代から料理を始めるなら!覚えておきたい味の付け方のコツ

料理を始めようとして、初心者さんが一番困るポイントのひとつに「味の付け方」があります。

 

だけどそんなに困る必要はありません。
料理の味付けのコツを覚えれば、誰にだってできるようになりますよ。

 

なぜ?料理初心者が味付けが苦手な理由

 

私が仕事で料理を作っている立場で、知り合いに料理を教えている中で感じていることです。

 

まず原因は、スマホで簡単なレシピがすぐに探せることだと考えています。
もちろん、すごく便利だし、それらの利用を否定するつもりはありません。私だって晩御飯のメニューに悩むと参考にする事もあります。

 

だけど、簡単なレシピの料理ばかり見て作っていることは、ゴールだけ見て作っていることと同じ。

 

どれだけ簡単なレシピでも、元々は食材があって、調理して調味料で味付けを誰かが考えているハズなのに。

 

そして、調味料を使って自分で味付けを考える事ないため、いつまでも調味料の使い方がわからず「料理は難しい」と感じてしまうのです。

 

料理の味付けは調味料を使います。
難しく考えず、シンプルな調味料の使い方、シェフの考える味の付け方を紹介しますので、参考にしてみてください。

 

 

30代からの料理の味付けのコツ

 

10代、20代なら味の濃い食べ物を好みます。

 

別に分けるつもりはありませんが、30代からは、できるだけ食材の味を活かした味付けを覚えてほしいと思います。

 

言葉にすると難しく聞こえますが、実際には簡単ですごく単純なことです。

 

これは料理の味付けの本質とも言える事なので、あなたがこれから料理を始めようとするなら、覚えておいて損はありませんよ!

 

初心者おすすめ!簡単な味付け法

 

味付けを覚えよう!入門編

まず始めに、全く料理を作った事のない、私の子供に教えた内容です。

  1. 豚肉の薄切りを油を敷いたフライパンで中火で焼く
  2. 大皿へうつす
  3. 食べる際に、自分の分だけ小皿に取り、塩をかけて食べる。

ただこれだけを何度か繰り返しました。だけど、「ただ焼いただけの肉」でも、始めての事だし、焼きたてのお肉はおいしいに決まっています。
料理を作った気になり、喜んでいましたよ。

 

そしてこれは料理を覚えるためのステップで、大事なポイントが含まれています。

 

<目的>

  1. フライパンで焼く際、油の適量を覚える
  2. フライパンで焼く事を体感する
  3. 食べる分だけ毎回塩を振る事で、塩加減を覚える
  4. 自分で料理を作る楽しみを覚える

 

ただ豚肉を焼くだけですが、そこにはたくさんの大切な要素があります。
そして、豚肉に少し塩を加えるだけで、素材の味が活きたおいしい料理になります。

 

簡単ですよね?調味料とは本来そのように使う物で、全ての料理はそこから始まっているのです。

 

味付けを覚えよう!初級編

豚肉を焼くことに慣れましたか?
それだけでもう、一品の一部はすでにできています。
ここから「料理」として一皿を作っていきましょう。

 

次は「もやし」を用意します。
完成イメージは、もやし炒めの上に焼いた豚肉を乗せた料理です。
<もやし炒めon豚肉>

 

もやしは先ほどの豚肉と同じように、フライパンへ油を敷き、中火で炒めます。

 

中火がわからない?単純に火をつけない時と、全開の炎の大きさの中間です。
悩まなくても大丈夫です。まずはやってみましょう!

 

火の通り具合も、難しく考える必要はありません。ちょっと食べてみて、あなたがおいしく食べれるならOKです。

 

どうですか?生のもやしと同じ状態ではありませんよね?
焼けた感と、状態は少し「シナっ」としていますよね。焼けたなら皿へ中心付近へ盛りましょう。

 

次に豚肉を焼くのですが、ここで大事なポイント。
入門編と同じように、おいしく食べれる程度の塩を、生の豚肉へ先にふりかけてから炒めます。

一気に難しくなったように思えるかもしれませんが、塩の量は「ちょっと少ないかな?」ってくらいの大体で大丈夫!
足りなければ、後で塩をふればいいだけです♪

 

焼けたらお皿にうつした「もやし」の上に乗せましょう。
それだけで完成です。

 

できたなら食べてみてください。
豚肉の下にあるもやしはどんな味がしますか?

 

豚肉の汁がもやしに絡んだ味がすると思います。
これは、豚肉の汁がもやしを味付けしているのと同じです。

 

「食材を活かした味付け」とはこういう事です。
難しくあれこれ考える必要はありません。

 

炒めたもやしの上に、焼いた豚肉を乗せただけ。
だけど、これだけで料理で大切なすごくたくさんのことが習得できています。

 

<目的>

  1. 野菜を焼く感覚を覚える
  2. 焼き加減を食べて覚え、食材の状態で覚える
  3. 生の肉へ塩を振る感覚-下味を覚える
  4. 同じ料理でもバリエーションを覚える

 

最後の項目に、「同じ料理でもバリエーションを覚える」とありますよね。
では、ここでちょっと考えてみましょう。

 

もやしの味は豚肉の味だけで薄かったと思います。

 

では、炒めたもやしにポン酢をかけたなら、豚肉の味と混ざってどうなる?
同じくゴマドレッシングをかけたなら?
豚肉を焼く油をごま油に替えたら?
さらにこれらを全部合わせたらどうなる?

 

どうですか?
バリエーションは無限大ですよね。

 

豚肉の味ともやしの味を活かしながら、少し調味料を加えさらにおいしく食べれるようにする。
これが食材の味を活かした味付けの基本になります。
簡単なので是非チャレンジしてくださいね。

 

これだけでは一品つくれるようになっただけですが大きな一歩です。

 

これからもっとステップアップできる方法を紹介しますので、がんばりましょう!

トップへ戻る