うまく作るには?プロが教える料理初心者が上達するためのポイント

シェフが教える 料理初心者から中級者への近道

 

 

料理がうまく作れるようになりたいッピ


 

 

じゃあ、実際に見習いコックさんに教えている方法をこっそり伝えようか?


 

始めたばかりの初心者でも、慣れてきた中級者でも、上手に作れる熟練者でも、料理を作っていると、みんな考える事です。

 

今回は、始めて間もない初心者の方へ、私が実際に見習いコックさんに教えている、上達するためのポイントを公開したいと思います。

 

これさえすれば、誰でも上達する!とは言い切れませんが、私の教えた見習いコックには、かなり実績を挙げている方法です。

初心者の料理が上達するたった4つのポイント

 

料理,うまくなる,コツ

 

料理中級者や上級者にはもっと細かいポイントがありますが、初心者の方がうまくなるには、まず5つのポイントを抑えましょう。

 

 

たった4つでいいなら出来そうだッピ


 

同じ料理は2回作ると劇的に上達する

 

料理,うまくなる,コツ

 

初めて作る料理は、上手くいかない事が多くあります。
これはプロでも同じ。

 

プロは、2度3度と繰り返し作り、完成度をあげています。

 

やはり、1回目よりも2回目。
皆さんも、近いうちに同じ料理を作ってみると、1度目よりもグッと上手に作れるでしょう。

 

レシピサイトにはたくさんの料理があり、あれこれと作ってみたい気持ちがありますが、覚えておきたい料理は2回目にチャレンジしてみましょう。

 

 

レシピを見ながら作らない

 

料理,うまくなる,コツ

 

 

レシピを見てはいけないって事じゃないよ


 

料理を作る工程は、大きくわけると2つあります。
  • 食材を切ったり、調味料を計量したりなどの下準備
  • フライパンで焼いたり、鍋で炊くなどの調理

 

下準備の段階なら、レシピを読むために手を止めてもあまり影響がないので、調理を始めるまでにしっかりと作り方を見ておく事が大切です。

 

炒め始めてからレシピを見ていると、焦げてしまったりなど失敗の原因となってしまいます。
あらかじめ見ておき、調理中には確認するくらいが上手に作るポイントです。

 

レシピサイトを参考に料理を作るときには、準備する食材や物と共に、全ての工程を読み、なんとなく頭に入れ、確認しながら作り出しましょう。

 

 

レシピを見なくても作れる料理を増やす

 

料理,うまくなる,コツ

 

難しい料理でなくても大丈夫です。
出来れば簡単でシンプルな料理を一つ覚えて、レシピを見なくても作れるようになってください。

 

たった一つを覚えるだけで、ちょっとした工夫を加えるだけで、色々なバリエーションで作れるのが料理です。

シンプルな料理であるほど違う料理へと派生させやすく、あなたの発想次第でドンドン広がります。

 

そしてさらに、ひとつの料理を覚えるという事は、作り出す料理だけでなく、その調理工程も身に付いている事になります。

 

例えば、フライパンで焼く・炒める、鍋で炊くなどができるってことですよね。

 

そうやって、ひとつずつできる事を増やしていくと、料理の幅がグンっと広がりますよ!

 

 

料理を続ける事が何より大切

 

料理,うまくなる,コツ

 

私の家には、「昭和初期か!」って言うくらい、入れ替わり立ち代わり他の家族が来て、一緒に食事をする機会が多々あります。

 

 

仕事が終わって家に帰ると、すでにいる!なんてパターンも・・・


 

そういったときには、だいたい私が食事を作るのです。

 

たとえプライベートでも、プロである私の料理を食べれると期待をひしひしと感じるので、なかなか手を抜けず、毎回かなり大変です。

 

それでも出来上がった料理を見て・食べて喜んでもらう姿を見ると、「作ってよかったなぁ」と思っているので続けています。

 

  • 1人分だけだと、なかなかモチベーションが上がらない。
  • 料理を続けるにはキッチンが不便すぎる
  • 食材の買い物が面倒
  • 食材が残って大変
  • 後片付けが嫌

 

「おいしい料理が作れたらいいなぁ」とイメージして、料理を始めても実際には面倒ばかり。

 

だけどどうせなら、みんながおいしい!っていう一品が作れるまで続けませんか?
周りから料理が上手だねって言われるまで続けてみませんか?

 

止めてしまうと終わってしまいます。
せっかく始めたのなら、かたちになるまで続けてみてください。

Sponsored Link
トップへ戻る