30代で料理未経験でも遅くない!現役シェフがコツを教えるよ!

料理に合わせた簡単な切り方を紹介

小学校へ調理実習のゲストティーチャーとして行った時の事です。
茄子とトマトとベーコンの冷製パスタを生徒達で作る事にしました。

 

「こうやって切ってねー」

 

 

生徒を集めて目の前で茄子を縦に半分、さらに縦に切り、厚さ1.5cmに切って見せました。

 

相手は小学3年生
ほどほどに切ればいいかな・・・

 

この考えが甘く、

 

 

大きすぎると、茄子が口いっぱいになってしまい、おいしく食べられません。
どうせだったら、おいしい料理を食べてもらいたいと、デカすぎる茄子は修正して回りました。

 

このように、食材を切る時には、料理に適した大きさに切るとおいしく食べられるし、反対に大きすぎる・小さすぎるとおいしさは減ってしまいますので覚えておいてください。

 

 

ひとつの食材を同じ大きさに切るとおいしく作れる

 

料理を始めて間もないと、包丁に慣れていないのでうまく切れないと思います。

 

まだ経験が少ないので仕方ありません。怪我をしないように注意してくださいね。

 

最初のうちは、切った食材の大きさはバラバラ。誰だってそうです。
だけど、サイズがバラバラは正解でないと知っておいてください。

 

もしも、ラーメンの麺の大きさがバラバラだったらどうでしょう?
細い麺はのびてしまい、太い麺は生煮え。短い麺は箸で食べにくいし、長すぎても食べにくい。

 

全部の大きさが揃っているから、均一に茹で上がりおいしく食べれるのです。

 

包丁で食材を切る際にも、同じサイズに切り揃える事でメリットがあります。

  • 火の入り具合が均一になる
  • 見た目がよくなる

火の入り具合が均一になると、ちょうどいい加減で料理が作りやすく、仕上がりは見た目もおいしく作れます。

 

なるべく同じ大きさに切り揃える意識が、料理のレベルアップへの近道です。

 

最初はなかなか難しいですけど、すぐに慣れて上手に切れるようになりますよ。

 

料理のイメージに合わせた大きさに切ろう

 

料理によって、色々な食材の切り方があります。

 

 

料理も覚えて、切り方まで覚えるのは大変だッピ!


 

 

「こう切らなければいけない」
じゃなくて、食べやすい大きるだけと思えば難しくないよ!


 

「料理は、こう切らなければいけない!」って決まりはありません。

 

食材が大きければ、調理に時間がかかり、食べにくくなります。
反対に小さければ、すぐに調理ができ、食べやすい料理に仕上がります。

 

肉じゃがなどのように、食材の形を残す料理ではある程度大きく切る必要があり、火を通すとクタクタになりやすく、触感も無くなってしまいます。

 

それぞれの料理に応じた切り方は、2回・3回作ってちょうどいい加減を見つけましょう。

 

 

 

  • 肉じゃがに千切りのジャガイモ
  • お好み焼きにぶつ切りキャベツ
  • おでんに細かい輪切りのちくわ

どれもありえません。

 

それぞれの料理のイメージに合わせた切り方が大切で、しっかり意味があるので解説しますね。

 

千切り

生で食べる野菜によく使います。

 

細く、薄く切る事で触感がよく食べやすくなる。

 

加熱をする場合は、食材が全体へ混ざりやすくなり、全体へ味が広がる。火が入りやすくなるメリットもあるが、焦げやすい・柔らかくなり過ぎる・触感が無くなるなどのデメリットがあるので注意しましょう。

 

みじん切り

食材の味を、料理全体へ広げる場合によく使われる。

 

みじん切り後、加熱をする場合では、複数の食材と合わせてソースやたれ全体に味を広げる意味がある。
チャーハンのように料理そのものの味をアップさせる手段でもある。

 

ただし、元の食材の形が無くなり、触感もほぼなくなる。

 

一般的に「みじん切り」の大きさは、全体が米粒以下のサイズ

 

 

 

 

 

トップへ戻る