料理初心者の新婚さんへ!何から作る?上達のコツをプロが指南します

何作る?何したらいい?新婚さんが料理を作るポイントと料理を覚えるコツ

 

結婚するまで実家暮らし。
家にいる間はほとんど料理をしたことないのに、結婚したから作る事になって・・・

 

どうしたらいいの?
毎日のご飯での悩みを解決します。

 

毎日のメニューのポイントや、楽しく料理を作る方法、上手になる方法をご紹介します。


料理の構成を覚えよう!

 

 

今日は時間をかけて一生懸命作ったから、食べてほしいッピ!


 

 

えっ!?これ全部・・・?


 

 

そうだッピ!


 

 

ご飯にみそ汁、卵焼き・・・納豆、ポテトサラダにトンカツ、スパゲッティまで・・・


 

 

さあ!食べるッピ!


 

 

えぇぇぇ・・・


 

家の夕食の一食分の適量を考えましょう。

 

 

多すぎても食べれませんし、少なすぎても困ります。

 

一般的な家庭での食事の品目は、

  • ご飯
  • 汁もの
  • 主菜
  • 副菜

 

このパターンをベースに考えるといいでしょう。

 

汁ものは、みそ汁やスープ。
主菜は、トンカツや唐揚げ、焼き魚や炒め物など。
副菜は、少し酸味の効いた少量の料理
一食として味のバランス良く食べれることが理想です。

 

 

家庭では副菜に手間をかけていられません。
和え物やおひたし、冷ややっこやシラスなど、あっさりして簡単な料理がおすすめです。

 

洋風の食事で、パスタを作る場合には、一般的にはご飯の変わりになります。

  • パスタ
  • 主菜

だけのパターンでもOK

 

パスタをよく食べる国、イタリアなどの家庭の食事は、全員分のパスタを一皿にドーーン!
煮込み系(豚と野菜のトマト煮、地魚を丸ごとトマト煮など)の料理を鍋ごとドーン!

 

自分の分は大皿から取り、パンを煮込み料理の汁につけながら食べる・・・が一般的です。

 

日本の食卓とはちょっとイメージが違いますね。

 

 

 

乾麺のスパゲッティの量は、男性で70〜90g
女性で50〜70gだよ


 

パスタだから、ご飯を食べてはいけないのではありません。
おかずにっては、ご飯が欲しくなる時もあるでしょう。

 

後は、皆さんの家庭の具合によって調整してください。

 

 

料理を手っ取り早く覚えるには?

 

初心者用の料理本が最も適しています。

 

 

当たり前すぎる・・・と感じるかも知れません。
そんなあなたは、レシピサイトばかり参考にしていませんか?

 

無料で使え、検索すればたくさんの料理がピンポイントに出てきて便利です。

 

だけど、私のような経験者から見ると、「初心者向け」だとは思えません。

 

初心者用の料理本は、レシピがしっかり考えられていますし、調理の中で上手く作るポイントも書かれています。

 

新婚の方向けの料理本もありますし、料理上手な有名人の料理本など色々あるので、本屋さんに足を運んでみてください。

 

一冊数百円だと思いますけど、きっとそれ以上に役に立ちます。

 

 

大葉風味のミルフィーユトンカツ!
これがおいしそうだから、この本にするッピ!


 

 

ちょっと待って!
最初だけは、卵焼きとか唐揚げみたいな、できるだけベタな料理の本にして!

 

後で絶対に役に立つから!


 

 

えー・・・わかったッピ
じゃあ、
「初めての料理 まとめ集」
これにするッピ


 

 

それもダメー!
字ばっかりじゃん。

 

調理工程が写真で載ってる方が絶対わかりやすいから!


 

しっかりした料理が1品、2品できようになったら、今度はレシピサイトを参考にしてみましょう。
「自分が作れる料理と違うバリエーション」の料理にチャレンジしてみてください。

 

例えば、「唐揚げ」が料理本で作れるようになったなら、レシピサイトで唐揚げを調べてみると、「唐揚げのタルタルソース」や、「唐揚げみぞれ和え」などいっぱい出てきます。

 

 

そうすると、料理の本で学んだ基本のから揚げが作れるのですから、作れる料理のバリエーションが一気に増えたと感じられるはずです。

 

 

料理初心者がもっと超スピードで上達する方法

 

最も早く料理を覚える方法は、誰かに教えてもらうこと

 

料理って、だいたい一人で作りますよね。

 

自分の良いことろも、悪いところもわからない。
できた料理の味が合格点なのか、もう少しなのかもわからず・・・

 

たとえレシピがわかっていても、手探り状態で前に進んでいるのと同じです。

 

そんな状況だから、「誰かに見てもらえる」だけでも全く変わってきます。

 

 

料理教室なら、先生に教えてもらえる良い環境ですけど、なかなかそうはいきませんよね。

 

なら、家族に見てもらってはどうでしょう?
お母さんが作ってくれた料理を思い出し、頼んでみては?

 

私たちプロも、複雑な料理工程や作業を覚え、おいしい料理が作れるようになったのは、教えてもらったからです。

 

誰かに教えてもらい、料理を作る
これが何より上達への近道です。

Sponsored Link
トップへ戻る