料理が嫌いなら!シェフおすすめ低カロリー簡単レシピ

 

 

料理を作るのが嫌いになってきたッピ


 

 

えっ!?
どうしたの?


 

 

めんどくさいし
後片付けも嫌だッピ


 

料理が嫌いでも、家族がいると作らないわけにはいきませんよね。

 

めんどくさくても、やらなければいけないから、余計に嫌になる・・・

 

その上、作った料理に文句を言われると、もうゲンナリします。

 

 

だからと言って、無理に好きになる、得意になる必要はないと思います。

 

料理が作れる私だって、面倒くさくて嫌々作る日だってあります。

 

嫌いで気持ちが離れているからこそ、本当に簡単なレシピや、便利な道具でもっと楽に作りませんか?


料理嫌いは簡単で洗い物が少ない料理がおすすめ

 

 

作った後の洗い物がめんどくさいッピ・・・


 

ちょっと調べれば、洗い物が少なくて済む料理はたくさんあります。

 

SNS、レシピサイト、主婦ブログ・・・
スマホひとつで自由に使える、メディアを利用してはどうでしょう?

 

そのまま、「料理 洗い物少ない」と調べてみると、たくさんでてきますよ!

 

ヒントは
レンジを上手く使った料理

 

耐熱皿に食材をのせ、味をつけてレンジで加熱するだけなら、洗い物はほぼゼロ

 

 

主婦の工夫ってすごい!


 

 

便利グッズを使いもっと楽に作ろう

 

 

アイデアキッチングッズを上手く使い、もっと楽に料理を作りましょう。

 

よく使い、あると助かるシンプルなグッズをおすすめします。

 

複雑な道具だと・・・

包丁を使うのが嫌だと、電動のみじん切り機を購入しても、使ったあとの洗い物が大変になり、結局、戸棚の奥深くに眠ることになるケースが多々あります。

 

シンプルで手軽に使えるなグッズがおすすめです。

 

 

シェフおすすめキッチン便利アイテム

 

米研ぎ棒

 

 

どこの家庭でも、ご飯はほぼ毎日炊くのではないでしょうか?
単純に、この棒でお米を洗えるだけのアイテムだけど、あると重宝します。

 

手が荒れている時に使いやすいし、ネイル後でも気にせず米を研げます。

 

 

ピーラー

 

 

どこの家庭でもあるピーラー
野菜の下処理はめんどう・・・だからこそ、ベストなアイテムをおすすめします。

 

料理が嫌いな方には見慣れないI型のピーラーは、最初は少しとまどうかもしれません。

 

うまく使うコツは、切りたい面に対し斜め約30度に刃を当て、力を入れず下へ滑らすこと。

 

 

実はこれ・・・私も職場で使っています。
アスパラの皮が極薄にむけるピーラーは、他にはないのでは!?

 

 

キッチンハサミ

 

 

使い勝手のいいハサミがあると無いとでは、料理の手軽さが段違いです。

 

文房具でも見かける、刃が湾曲しているハサミ
これは、常に最適な角度で刃が入り、スパッと切れると話題です。

 

料理でも、この湾曲のついたハサミはすごくいい!

 

野菜や肉を切るのは包丁だけではありません。
ハサミでザクザク切ると、もっと楽に料理が作れます。

 

 

シェフおすすめ絶品簡単レシピ

 

みなさんは、「サラダチキン」はもう知っていますよね。

 

 

鶏の胸肉をゆっくり火入れすることで、子供のほっぺのようにしっとりした、もちもち食感になります。

 

鶏むね肉は、安いし高タンパク低カロリーで美容にも最適!

 

これを簡単に、もっと活用できる作り方を紹介します。

 

絶品サラダチキンの作り方

 

準備物

鶏むね肉・・・1枚
味覇(ウェイパー)・・・少々

深片手鍋

 

作り方
  1. 片手鍋で、鶏むね肉がしっかり浸るほどのお湯を沸かします。
  2. 沸いたら、味覇(ウェイパー)を適量加え、中華スープを作ります。
  3. 鶏むね肉を中華スープへ浸し、1分間沸かします。
  4. 1分後、火を止めてそのまま人肌ほどになるまで放置
  5. 冷めたら出来上がり。

残った汁を再び沸かし、灰汁を取り、味をみてから卵を溶き入れると、卵スープも出来ちゃいます。

 

 

 

沸かしたスープでたった1分炊くだけで簡単!


 

サラダチキンもっと活用法

 

サラダチキンを5mmほどにスライスして、そのまま食べてもおいしいし、生姜醤油をつけて食べてもグッド!

 

簡単なチャーハンを作り、残った汁の卵スープを片栗粉でトロミをつけてチャーハンへかけると、簡単あんかけチャーハンに!

 

さらに、細切りが簡単にできるスライサーでキュウリを切って皿に敷き、

 

 

サラダチキンをスライスしてキュウリの上に並べて棒棒鶏(バンバンジー)ドレッシングをかければ、柔らかチキンの棒棒鶏も作れちゃいます!

 

「料理が嫌い・・・だけど作らなくてはいけない」
なら、らくしましょう!

 

便利な道具を使い、下処理を素早くする。
おいしく簡単な料理を覚える。

 

「手が込んでいる料理」ばかりがおいしいではありません。
「簡単でおいしい料理」はたくさんあります。

 

それらを見つけ、自分のバリエーションを増やしていけば、イヤだった料理も、少しは嫌いでなくなるかもしれませんよ!?

Sponsored Link
トップへ戻る