調理器具はどこで買う?一人暮らしに便利な賢い買い物の手順

調理器具はどこで買う?一人暮らしに助かる賢い買い物の手順

調理器具,どこで,一人

 

今回は1人暮らしをこれから始める方が、「どこで調理器具を買えばいいか」、そしてメリットのある「賢い買い方」についてお話します。

 

 

どこで買えばいいッピ?


 

 

普通にデパートかホームセンターかネットじゃない?


 

 

そんなことわかってるッピ!

 

じゃぁ、どこで何を買えばいちばんいい形に収まるッピ?


 

 

いい形かぁ・・・
よし、じゃぁどこで何を買えばいいか全部教えるよ!


 

 

この記事を読んでもらえれば、一人暮らしに必要な調理器具が全て揃います。
「最低限に必要な器具を、なるべく安く買い揃える」を軸にして、どこで何を買えばいいのか、理由も添えて解説します。

 

意図としない間違った商品を選ばないように「検索ワード」を設置しました。
スマホやパソコンでコピペして利用してください。

 

当サイトの管理人は、現役のフランス料理のシェフで料理人歴は20年です。
家では週に3〜4回は夕食を作らされ・・・作っています。

 

料理人であり、普段は家でも作っている経験から、使いやすく実用的な調理器具を紹介しますね。

 


一人暮らし用の調理器具はどこで買う?

調理器具,どこで,一人

 

最初に、調理器具は色々なお店で売られているので簡単にまとめてみました。

 

 

調理器具が売っているお店
  1. ネット通販(楽天市場・amazon・Yahooショップ)
  2. ホームセンター(DCM・カインズ・コメリ)
  3. デパートのキッチンコーナー
  4. 百貨店や大型デパート内の生活雑貨店
  5. ディスカウントストア(イオン・TRIAL・ドンキホーテ)
  6. 家具店(ニトリ・IKEA)
  7. 無印良品
  8. 100円均一店(ダイソー・キャンドゥ・セリア・ナチュラルキッチン)

 

一人暮らし用の調理器具を揃えるお店の候補は、ネット通販、ホームセンター/量販店のキッチンコーナー、100円均一になります。
価格と実用性を重視ですね。

 

調理器具,どこで,一人

 

 

少しお高くても、おしゃれな調理器具を求めるなら、大型デパート内の生活雑貨店や無印良品で実際に商品を見ながら選ぶのがおすすめです。

 

ただし、デザインが優れていながらも実用的なものを選んで下さいね。

 

デパートのキッチンコーナーやディスカウントストアは、フライパンのセットや圧力鍋など一人暮らしにはやや不向きな商品が多い印象です。

 

 

調理器材の特徴で買い分けよう

 

調理器具,どこで,一人

 

調理器材の特徴によって、「どこで買うといいか」を分けることができます。

 

まずはザクっと販売先で分けてみました。
それぞれの場所で買う理由は、後で記載します。

 

ネット通販で用意する調理道具(楽天市場・amazon・Yahooショップ)

調理器具,どこで,一人

  • 包丁
  • ボウル
  • ザル
  • 水切りラック
  • 生ごみ対策

 

ホームセンター/量販店で買うもの

調理器具,どこで,一人

  • まな板
  • フライパン
  • 片手鍋
  • ラップ
  • フキン
  • 食器用洗剤
  • 食器洗いのスポンジ

 

100円均一で間に合わてもいい物

調理器具,どこで,一人

  • 菜箸(さいばし)
  • ピーラー(皮むき器)
  • フライ返し

 

料理人として考えて、これだけあれば「一人暮らしの料理で困ることはない」と思う最低限の調理器具をピックアップしました。

 

あとは料理に慣れてきて、欲しい道具が出てきてから買い足せばいいと思います。

 

では次に、それぞれの買い物先で揃える道具は何を基準に選べばいいのかを詳しく解説します。

 

 

安定した規格品はネット通販

 

ネット通販の豊富な品揃えと、安い品を選べるメリットを活かすため、規格さえわかればどこで買ってもズレることのない調理器具を選びました。

 

包丁

初心者の方向けの包丁の選び方は、こちらで詳しく解説していますので参考にして下さい。

料理初心者におすすめの包丁 使いやすく実用的な1本をシェフが紹介

料理をこれから始める初心者さんが使いやすい包丁を料理人の経験を活かしシェフが紹介します。色々な形と大きさがある中、選ぶべき包丁を間違うと扱いにくく料理が嫌になってしまうかも知れませんよ?

 

ボウル

検索ワード

ボウル ステンレス製 15

ステンレス製で15cmのサイズ、普通の形状(浅型や深型もあります)】このポイントを抑えた商品を選びましょう。
ひとつあれば始めは大丈夫です。
しっかり自炊するつもりなら、少し小さい12cmのボウルがあれば便利。

 

ホームセンターでも売っていますけど、意外と高いんですよね。
100均ショップ製は、安定が悪いので使いにくいです。
ネット通販で普通の安い商品がベストです。

 

 

 

耐熱ガラスのボウルがキレイで欲しいッピ!


 

 

ちょっと待って!
耐熱ガラスは重いよ!?
想像してみて!
重いガラス製で、洗剤で洗っていると滑りやすくて・・・


 

 

扱いにくそうッピ・・・


 

 

必要に迫られてからにしようよ。


 

さらにボウルの素材は耐熱ガラスの他にプラスチック製もあります。
安くで買えるのですが、細かな傷がつきやすく、油が入り込んで汚れが取れにくいというデメリットがあるので、私はおすすめしません。

 

 

ザル

検索ワード

ザル ステンレス製 取っ手付き 15

15cnの丸底の取っ手付き】が使いやすい。
ボウルとセットで使えるように、同じサイズにして下さい。

 

パンチ(穴をあけた)タイプでも問題ありませんが、パスタが穴に詰まるとイラっとするので私は普通の金網タイプを好んで使っています。

 

プラスチック製はボウルと同様の理由に加えて、穴が大きいタイプ(詰まりやすい)があるのでステンレス製が安定していると思います。

 

 

水切りラック
検索ワード

水切りラック シリコントレー 折りたたみ

調理器具や食器を洗った後の置き場が必要ですよね。
一人暮らしのキッチンは広くないと思うので、巻いて片付けられるアイデア商品がベストです。

 

その中でも箸やスプーンなどを置ける「トレー付き」が便利でおすすめ。

 

言葉だけでは伝えにくいので、商品リンクを設置しました。
リンク先の画像で使い勝手をイメージしてください。

折りたたみ水切りラック 43×32p シリコントレー付き

 

シンクへ橋渡しをして使用するため、サイズはしっかり計ってくださいね。

 

 

生ごみ対策
検索ワード

キッチンスタンド 生ごみ 折りたたみ

料理を作ると必ず生ごみが出ます。
昔は三角コーナーが定番でしたが、今はゴミ袋スタンドが便利です。

 

一人暮らしのキッチンは広くないので、据え置き型はなるべく減らし、調理をするスペースを確保しましょう。

 

使い方のイメージはこちらを参考にしてください
ゴミ袋スタンド SUIグート SUI-6085

 

ドアに引っ掛けるタイプの類似品もあります。が・・・
ゴミ袋ホルダー

 

 

ドアに引っ掛けてスペースを有効活用だッピ!


 

 

金具が調理中の動きの邪魔になりそうなきがする・・・

 

それに袋へ入れそこなうと・・・


 

 

あっ!
卵の殻が床へ落ちたッピ


 

このようなデメリットがあるので、私なら・・・買わないかな

 

では次に、ホームセンターや量販店で揃える調理道具をみてみましょう。

 

 

手に取って選ぶべき調理器具はホームセンター(DCM・カインズ・コメリ)

 

ホームセンターでは、実用的な商品が多く並んでいます。
その分「おしゃれ感」をそぎ落としたデザインになっていますが・・・価格と対比するなら、十分アリだと思います。

 

実際に手に取ってみないと失敗しやすい品はホームセンターで揃えましょう。

 

まな板

検索ワード

まな板 プラスチック 32

まな板は、キッチンの広さと相談しながら選びましょう。
大きすぎるのはもちろん、小さすぎても調理できないので、スペースの許す範囲で大き目を選んでください。
数字で表すなら、30cm×25cm前後が使いやすいラインだと考えます。

 

工夫された商品が色々ありますが、ごくシンプルなまな板が安くて使いやすいです。

 

落ちないように気を付けて、シンクのコーナーを利用すれば省スペースで済みます。
なのでペラペラのまな板は取り扱いが楽そうに思えるけど、しっかりしたまな板の方が実は使いやすかったりします。

 

初心者に木製のまな板はおすすめしません。
使用しない期間があるとカビが発生しやすいため、ほぼ毎日の使用とお手入れが必須となるからです。

 

フライパン
検索ワード

フライパン 20 ( IH )

 

一人暮らしで使うフライパンを選ぶポイントは、
20cmの大きさで、なるべく安く(1000円以下が理想、IH対応品は1500円前後)、軽くて握りやすいフライパンを選びましょう。

 

底の平らな面が広い品なら尚ベストです。

 

つっくかない加工は今や当たり前なので、後回しで大丈夫。

 

フライパンは消耗品と考えましょう。
特殊な加工がされている高価なフライパンでもいづれ加工は薄れて食材がくっつきます。
それなら1000円以下のフライパンを2年間で使い回す方が賢い買い方です。

 

コンロのタイプを必ず確認してください。
一人暮らしのキッチンで最も多いタイプは、プレート型の電気コンロです。
次いでガスコンロ、IHヒーターの順。
プレート型の電気コンロは、一見するとIHヒーターと見間違いやすいので注意してください。

 

コンロのタイプによって、フライパンは底が厚く平らなIH対応品と、普通のフライパン(IH非対応)があります。

 

IH対応 IH非対応
プレート型電気コンロ △(温まりにくい)
ガスコンロ
IHヒーター ×

 

対応していないフライパンだと使えない場合があるので、しっかりチェックしてくださいね。

 

 

片手鍋

検索ワード

片手鍋 18 ( IH )

こちらもIH対応品と非対応があるので気を付けて下さい。

 

サイズはインスタントラーメンが作れる18cmの蓋つきが使いやすい。
3つくらいのサイズがセットになった商品は1人暮らしでは活用しきれないので、必要ないと思います。

 

また、コーティングされている商品が多いですが、無くても問題ないのこだわらなくても大丈夫です。

 

ガスと電気コンロは普通の鍋(IH対応ではない)の方が早くお湯が沸きますよ。

 

 

ラップ

検索ワード

ラップ 22

22cmが1本あれば全てOK

 

余った食材を包んだり、余った料理を保存したりと重宝します。
電子レンジを使った時短料理には必須です。

 

 

フキン

検索ワード

フキン 激落ち 5枚

 

調理中にはねた油や、シンク回りの水はねを拭いたりと地味ながらも大活躍します。

 

フェイスタオルのようなタオル地で、吸水性の高い商品が使いやすくおすすめです。

 

拭くときに手を動かすスピードと吸水性が合っていないと、水や油を伸ばしてしまい汚れを広げるだけになります。
(料理以外の作業で手間取るのは個人的に嫌です)

 

100均製ではそのような商品が多いため、ホームセンターをおすすめしています。

 

 

食器用洗剤

検索ワード

ジョイ ミラクル

 

料理を作るなら調理器具以外に、このような品も必需品となります。

 

100均でも売っています。
しかし、油汚れを落とす能力が低いので、結局はたくさん洗剤を使うことになってしまい、コスパの面でも良くありません。

CMでも見るような商品を選べば問題ありません。

 

一人暮らしなら、スプレータイプの食器用洗剤がめっちゃ楽です。
洗い物をシンクへ重ならないように置いて、全体へ広く噴霧すると効率的に使えますよ。

 

 

食器洗いのスポンジ

検索ワード

おさかなスポンジ

 

これが凄く使いやすくておすすめだけど、ネット通販だと4個入りしかないのが残念

検索ワード

サンサン スポンジ

こちらも調理道具以外での必需品です。

 

理想は立ちがよく、ヘタりにくい品
コップの底もしっかり洗える少し長めのスポンジが便利です。

 

中には汚れを落としやすくするため、スポンジの片側に「研磨剤」が塗布された品があります。
これでフライパンを洗ってしまうと、くっつかない加工へ傷が付くので注意してください。

 

 

100円均一で間に合わてもいい物(ダイソー・キャンドゥ・セリア・ナチュラルキッチン)

 

無いと困るけど、それほど
品質を求めない道具を選びました。

 

菜箸(さいばし)


お箸を使える日本人ならではの超便利な道具です。
調理中に使用するため、熱で劣化してしまうので100均でも十分です。

 

 

ピーラー(皮むき器)

 

最初は100均で買って、慣れてきたら良い物を買ってもいいと思います。

 

ピーラーの先の端の突起はジャガイモの目をほじくるやつですよ。

 

 

フライ返し

 

ステンレス製はフライパンに傷がつくので、シリコンや耐熱ナイロン製を選んでください。

 

食材の下へ「スッ」と入り込みやすそうな、先が薄くなっている品が使いやすいです。

 

 

食器類

調理器具,どこで,一人

 

人によってはこだわるかもしれませんが、おしゃれな食器は落ち着いてからでも揃えられます。
まずは生活ができるよう、最低限の食器やコップ、おはしやスプーンなどを100均で揃えちゃいましょう。

 

 

いかがでしょうか?
これから一人暮らしを始めるにあたり、少しでも調理をするならどれも必需品ばかりです。

 

ここで紹介した物を揃えれば、一通りの調理は問題なく始められます。

 

では次に、これらを賢く買い揃える手順についてお話しますね。

 

 

調理器具の賢い買い物の手順【節約重視】

 

調理器具,どこで,一人

 

賢い買い物をして揃えるには以下の手順で進めて下さい。

 

引っ越し後に1人暮らしをするなら・・・

  1. 荷物になるので、買い揃えるのは新居に住み始めてから
  2. 新居のコンロのタイプを確認しておく
  3. 新居のまな板を置く場所やサイズ、水切りラックを置く幅を測っておく。
  4. 近くのホームセンターで実際の商品を見ながら、インターネットで商品を確認する
  5. amazonの割引商品だけをピンポイントで探せるサービスを利用して、全てネット通販で安く揃える
  6. 高還元率クレジットカードで決済し、もらった大量のポイントを次に活かす

 

すでに一人で生活を始めている方は、2〜6の順で進めて下さい。

 

amazonの割引商品だけをピンポイントで探せるサービスは、私も普段から利用していますけどすごく便利です。
割引き率も設定できるので、上手に利用して安く買い揃えて下さい。

Offzon:Amazonの9割引商品を簡単検索

Amazonの商品を割引率を指定してお得に検索します。Offzonを使ってあなたのネットショッピングを快適に!!

 

 

【重要】高還元率クレジットカードが節約のカギ

 

全てネット通販で購入してクレジットカードで決済をすると、かなり得をします。

 

最大30%も還元のあるカードがあるので、うまく利用して賢く節約しましょう。
(少し前のPayPay以上の還元率です)

 

【2021年】最高還元率のクレジットカード
【公式】JCB Wでメリットを確認

 

抵抗のある方もいると思いますが、高い還元率のカードは作っておいて損はありません。
こういったサービスを上手く利用して、ポイントをたくさん溜めるのも、節約のコツのひとつです。

 

一人暮らし後にお世話になるコンビニで利用すると、かなりお得にポイントが貯まりますよ。

 

ちなみに、今回だけ利用する分には何のデメリットもありません。

 

キャッシュレスの時代になってきたので、このようなサービスが生まれたのでしょうね。

 

こういったサービスで入り口を広げて、利用客を狙っているのでしょうけど、本当にこの一回だけしかカードを使わない人が多かったらJCBは赤字だと思えるくらいお得です。

 

18歳以上でも学生なら親の理解がないと、カードが作れないので無理しないでください。
不安のある方は、ポイントの還元を受けた後には封印するのもアリだと思います。

 

安定収入がある方ならメリットしかないので、おすすめしました。

 

一応、手続きに2週間ほど必要なので、ポイント狙いの方は早めに動いた方がいいと思います。

 

 

まとめ【調理器具をどこで買うべきか?】

  1. 実用性重視ならネット通販、ホームセンター、100均ショップで購入する。
  2. おしゃれな調理器具はデパートの生活雑貨ショップがいい。
  3. お得に揃えるならネット通販でまとめる

 

調理器具が揃っても、料理を始めるには調味料が必要になります。
これから料理を始める方へ、必要な調味料をまとめたのでよかったら参考にしてください。

シェフが教える料理初心者でも便利で使いやすい調味料

これから料理を始める方へおすすめの調味料をシェフが紹介。何となく買い揃えるだけではもったいない!どの調味料がどんな料理に使えるかを一緒に解説しています。

Sponsored Link
トップへ戻る