【料理嫌いの主婦の方】手抜きしておいしい料理を作るシェフのテクニック

【料理嫌いの主婦の方】手抜きしておいしい料理を作るシェフのテクニック

 

 

料理を作るのが嫌いになってきたッピ


 

 

えっ!?
どうしたの?


 

 

めんどくさいし
後片付けも嫌だッピ


 

料理が嫌いでも、家族がいると作らないわけにはいきませんよね。

 

めんどくさくても、やらなければいけないから、余計に嫌になる・・・

 

その上、作った料理に文句を言われると、もうゲンナリします。

 

 

だからと言って、無理に好きになる、得意になる必要はないと思います。

 

プロの調理師で、一般の方より少し料理が作れる私も、面倒くさくて嫌々作る日だってあります。

 

嫌いで気持ちが離れているからこそ、本当に簡単なレシピや、便利な道具でもっと楽に作れるよう工夫しませんか?

 


 

「料理が嫌い」でも手抜きで続けるための5つのテクニック

 

実は私の奥さんは、ものすごく料理が嫌いです。
とにかく面倒くさがって、事あるごとに私に押し付けてくるんですよね。

 

料理が嫌いな主婦の方ってこんな感じなんだろうな って思います。

 

理屈じゃないんですよね。
「嫌」らしいです。

 

そんな奥さんへ教えた、料理がもっと楽に作れる調理師のテクニックをみなさんにもお伝えします。

 

 

冷凍庫を活用する

 

料理や食材の多くは凍らせて冷凍保存できることをご存知でしょうか?

 

冷凍すると、消費期限を超えても腐らないので安心です。

 

そのため、タイムセールの割り引き食材をつい買いすぎてしまっても、「あぁ・・・消費期限が切れちゃうけど、どうしよう・・・?」ってことも無くなりますよね。

 

凍らせて保存することを教えたところ、我が家の冷凍庫はいつもパンパンです。

 

 

入れすぎだっつうの・・・

 


 

 

料理なら、タッパーへ入れて冷凍保存しておけば、次回は食べる時にレンジで温めるだけです。
食材なら、安売りの時に買ってきてそのまま凍らせたり、余った分だけジップロックに入れたり、ラップで包んだりして保存しておけば、買い物へ行く回数が減らせますし、食材の半端も無駄にせずにすんでいます。

 

それに冷凍にストックした料理だけで夕飯を済ませてしまう事もできますよ。

 

冷凍保存についてはこちらで詳しく解説しています。

【凍らせていい?ダメ?】料理と食材のムダを無くす冷凍庫のフル活用術

食材を凍らせて保存する方法について、詳しく解説します。少しだけ余ったお肉やソースを凍らせて保存すると無駄なく活用できます。正しい保存の方法と解凍方法、冷凍保存に向いている食材や料理も紹介しています。ただし、冷凍保存して解凍した食材や料理には、守るべきルールもあるので、きちんと守って上手に冷凍庫を活用してください。

 

 

献立は一汁一菜が基本

 

「あれこれ献立を考えるのがめんどうで嫌い。」
これも奥さんの主張です。

 

「それなら主菜一品だけでいいじゃん」っていつも言っています。

 

メインのおかず1品と汁ものとご飯、あとは前日の残りと漬物、ご飯のお供系の何かがあれば、全く問題ありません。

 

気付いてますか?
実はこの時点で献立の基本の「一汁三菜」がすでに出来ているって。

 

前日の残りでも立派な1品です。
ご飯のお供も同様に1品と数えられます。

 

お漬物はカウントできませんけど、もう三菜になっているので関係ないですよね。

 

それに、美味しくもりもり食べれるおかずを作ろうとするから、手間がかかる料理を選んでしまいます。

 

日本の献立は、ご飯を食べるためのおかずがあればいいだけ。
主役はご飯です。
そのためのおかずを1品だけなら、手間のかかる料理は必要ありません。

 

主婦の方の献立は頑張り過ぎ。
もっと肩の力を抜いて、ご飯に合うおかずを作りましょう。

 

 

一品完結料理を覚える

 

昼間は仕事をして、帰ってくるなり夕飯づくり・・・
疲れて面倒な時のため、あれこれと献立を考えなくてもいい一品完結料理を覚えておきましょう。

 

一品完結料理とは、

  • 丼物
  • オムライス
  • カレー
  • 焼きそば
  • パスタ

このように、1品だけで夕飯が完結する料理です。
さらに一品完結料理の中でも「パッと作れる料理、少し手の込んだ料理」とバリエーションをもたせると、作り分けれて便利です。

 

それにたとえ料理が嫌いで、手を抜いた料理のつもりでも、家族に人気の一品ができればあなたの料理スキルの評価は上がります。
これって別に悪い事ではないですよね?

 

あなたの料理がおいしいと言ってくれれば、簡単な料理でもいいと思います。

 

 

レンジ料理で調理中の洗い物を減らす

 

レンジを上手く使った料理

 

耐熱皿に食材をのせ、味をつけてレンジで加熱するだけなら、洗い物はほぼゼロ

 

 

作った後の洗い物がめんどくさいッピ・・・


 

そんな方は、電子レンジを使った料理がおすすめです。

 

耐熱容器に食材と調味料を入れ、加熱するだけで作れる料理なら、鍋やボウルなどの調理器具の洗い物がなくなって楽になりますよね。

 

 

レシピサイトでも特集ページがあって、たくさん紹介されています。

 

kurashiru

電子レンジ調理のレシピ 136品 | 料理レシピ動画サービスのクラシル

クラシルには「電子レンジ調理」に関するレシピが136品、紹介されています。全ての料理の作り方を簡単で分かりやすい料理レシピ動画でお楽しみいただけます。

 

DELISH KITCHEN

 

余談ですが、「料理 洗い物少ない」と調べてみても、レンジを使った料理がたくさんでてきますよ!

 

 

月に1回は取り寄せ料理で主婦も楽しもう

 

楽をしようと、夕飯を外食にするとそれぞれの希望が出て決まらなかったり、余分な費用がかさんだりしてしまいますよね。

 

それならお取り寄せをして家族みんなで楽しもうって作戦です。
我が家の場合は、何回か注文しているので、「あそこはどうだった、これはあぁだった」って奥さんと息子があれこれ言いながら決めています。

 

 

・・・普段は仲が悪いのに、こういう時だけ一致するんですよねー
不思議


 

まぁ、さておいて
私もよく晩御飯を作る中で感じる事なんですが、自分以外の人が作ってくれた料理って純粋に「おいしい」って思えるんですよね。

 

作らなくてよかったって気持ちも混ざるからだと思います。
まぁこれは、普段から料理をする立場にならないと感じられないでしょうけどね。

 

料理を作らなくていいし、美味しい料理は食べれるしでウチの主婦さんにはメリットばかりで上手くいっているようです。

 

ちなみに私のおすすめはTastyTableFoodです。
ガチのプロのパスタが家で食べられるサービスで勉強になるので、料理人としてはすごく面白くて気に入っています。

【パスタ専門お取り寄せ】一流シェフのパスタが家庭で楽しめる

唯一の本格パスタ専門のお取り寄せサービスで、ガチンコのプロのメニューのラインナップと、食べに行くより安い(送料込みでも)価格設定が「プチ贅沢」にピッタリだし、皆さんが色々なシチュエーションで楽しんでもらえると確信を持てたので紹介することにしました。

 

1万食ずつ作られる各パスタソースが毎月末には全て売り切れます。

 

※ 聞きなれないメニュー名が多く、どれがどんな味なのか想像がつきにくいかもしれません・・・。

 

家族全員で外食するより安く食べれる値段のお取り寄せだと、家計にも無理なく続けられておすすめですよ。

 

 

便利グッズを使いもっと楽に作ろう

 

 

アイデアキッチングッズを上手く使い、もっと楽にしましょう!

 

シンプルで手軽に使えるなグッズがおすすめです。

 

複雑な道具は片付けがめんどくさい

包丁を使うのが嫌だからと、通販でもありそうな電動のチョッパー(みじん切り機)を購入した結果・・・

 

容器やブレード(刃)など、使ったあとの洗い物がけっこう大変です。
何度か使ったあとは面倒くさくなり、戸棚の奥深くに眠ることになるケースが多々あります。

 

 

シェフおすすめキッチン便利アイテム

 

米研ぎ棒

 

30代,料理,未経験

 

どこの家庭でも、ご飯はほぼ毎日炊くのではないでしょうか?
単純に、この棒でお米を洗えるだけのアイテムだけど、あるとかなり重宝します。

 

手が荒れている時に使いやすいし、ネイルも気にせずに米を研げるので便利です。

 

 

ピーラー

 

 

どこの家庭でもあるピーラー
野菜の下処理はめんどう・・・だからこそ、ベストなアイテムをおすすめします。

 

料理が嫌いな方には見慣れないI型のピーラーは、最初は少しとまどうかもしれません。

 

うまく使うコツは、切りたい面に対し斜め約30度に刃を当て、力を入れず下へ滑らすこと。

 

 

実はこれ・・・私も職場で使っています。
アスパラの皮が極薄にむけるピーラーは、他にはないのでは!?

 

 

キッチンハサミ

 

 

使い勝手のいいハサミがあると無いとでは、料理の手軽さが段違いです。

 

文房具でも見かける、刃が湾曲しているハサミ
これは、常に最適な角度で刃が入り、スパッと切れると話題です。

 

料理でも、この湾曲のついたハサミはすごくいい!

 

野菜や肉を切るのは包丁だけではありません。
ハサミでザクザク切ると、もっと楽に料理が作れます。

 

 

料理嫌いにおすすめの絶品簡単レシピ

 

みなさんは、「サラダチキン」はもう知っていますよね。

 

 

鶏の胸肉をゆっくり火入れすることで、子供のほっぺのようにしっとりした、もちもち食感になります。
鶏むね肉は、安いし高タンパク低カロリーで美容にも最適!

 

これを簡単に、もっと活用できる作り方を紹介します。

 

絶品サラダチキンの作り方

 

準備物

鶏むね肉・・・1枚
味覇(ウェイパー)・・・少々

深片手鍋

 

作り方
  1. 片手鍋で、鶏むね肉がしっかり浸るほどのお湯を沸かします。
  2. 沸いたら、味覇(ウェイパー)を適量加え、中華スープを作ります。
  3. 鶏むね肉を中華スープへ浸し、コトコトと1分間沸かします。
  4. 1分後、火を止めてそのまま人肌ほどになるまで放置
  5. 冷めたら出来上がり。

残った汁を再び沸かし、灰汁を取り、味をみてから卵を溶き入れると、卵スープも出来ちゃいます。

 

 

 

沸かしたスープでたった1分炊くだけで簡単!


 

サラダチキンもっと活用法

 

中華スープで炊いているので、5mmほどにスライスしてそのまま食べてもおいしい。
我が家では生姜醤油をつけて食べてのが好評です。

 

鶏むね肉を炊いた汁を一度沸かしてアクを取り除いてから、塩と醤油少々で味を調えて溶き卵を加えるとおいしい中華スープになります。
さらに片栗粉でトロミを付けて、チャーハンにかけると・・・激うまあんかけチャーハンができます。

 

細切りが簡単にできるスライサーでキュウリを切って皿に敷き、

 

 

サラダチキンをスライスしてキュウリの上に並べ、ゴマドレッシングをかければ、柔らかチキンの棒棒鶏も作れちゃいます!

 

「料理が嫌い・・・だけど作らなくてはいけない」
なら、楽をしちゃいましょう!

 

便利な道具を使い、下処理を素早くする。
おいしく簡単な料理を覚える。

 

「手が込んでいる料理」ばかりがおいしいではありません。
「簡単でおいしい料理」はたくさんあります。

 

それらを見つけ、自分のバリエーションを増やしていけば、イヤだった料理も、少しは嫌いでなくなるかもしれませんよ!?

Sponsored Link
トップへ戻る