自分はもしかして料理下手?自覚がない人へ11項のチェックリスト

自分はもしかして料理下手?自覚がない人へ12項のチェックリスト

料理,下手,自信がない

 

 

チャーハンを作ったから食べてほしいッピ


 

 

ぉー ありがとう

 

・・・・?


 

 

どうしたッピ?


 

 

ぅうん?

 

いや、何でも・・・


 

食べた人が微妙な顔をしている・・・?

料理を食べた人の反応を見て、あれ?と思う事ありませんか?

 

もしかして料理が下手なのかも!?

 

おいしく食べてもらえる反応と、そうでない時の反応・・・明らかに違いますよね。
もし、少しでも「あれ?」と感じたなら、あなたが作った料理を食べている家族のために、ちょっと確認してみましょう。

 

当サイト運営者の私は、フレンチ、イタリアン、パティスリーを中心に西洋料理のキャリアが20年以上の料理人です。
世界的なボランティアにも参加し、地元小学校で食育の講師も行っています。

 

料理が下手な方の典型的な例を11項にまとめたリストを用意したので見てみてください。
改善方法と合わせて解説します。

 

 

料理を仕事とする身として、今回だけではかなり辛辣に表現しています。
気付かないうちにズレている人ほど、気に入らないと感じると思いますがご了承ください。

 

料理が下手かも!?上手く作れない人のチェックリスト

 

料理,下手,自信がない

 

料理を上手く作れない人、下手な人は料理を作る上で大事なポイントを簡単に無視しがちです。
無視しているうちに、それが普通になってしまって気づかなくなってしまいます。

 

 

料理下手は基本を知らない

 

料理,下手,自信がない

 

レシピサイトで料理を探していて、「簡単」「時短」「フライパンだけで作れる」など、良さようなイメージの言葉につい目が行きませんか?
だけど、このような料理ばかり作っていては、いつまでも料理は身に付きません。

 

「誰でも簡単に作れる」レシピを参考にするのなら、基本の料理を作りましょう。
基本の料理は出来上がる料理だけでなく、ひとつ一つの調理工程も基本なのです。
炊く、煮る、焼くはもちろん、煮魚へ臭み消しで生姜を入れる、酒蒸しでは蓋をするなど、全てが基本です。

 

便利なレシピサイトのアレンジされたレシピは、ある程度経験がある、基本を身につけている人の利用方法は、料理のイメージやポイントを参考にする程度。
一から十までは参考にならないのがわかっているからです。

 

最もベーシックな料理がまだ作れないなら、基本の料理を繰り返して作る方が各段に料理が上手くなります。

 

 

料理下手はとにかく面倒くさがる

 

料理,下手,自信がない

 

料理を作るのが好きや嫌いではなく、面倒くさがって色々と省くズボラでは料理は上手く作れません。

 

例えば

面倒で、何でも小さい包丁(フルーツナイフ)で切る

面倒で、レシピを大雑把にしか読まない

面倒で、レシピの分量を正確に計らない

面倒で、食材を加える順を守らない

面倒で、料理の工程を飛ばす

食材へ火を通すことさえ面倒

 

ただ「やっつけ」で作っていませんか?
面倒くさがって料理を作っていては、確実においしい料理は作れません。

 

料理を作る上で「抑えるべきポイント」を面倒だからと外してしまってはダメ
美味しい料理以前に、料理そのものが成り立たなくなります。

 

反対に、抑えるべきポイントさえ上手くすれば後は良い感じに作っても大丈夫です。

 

それぞれの料理で抑えべきポイントを見極めて、上手に手を抜くやり方を覚えて下さい。

 

 

料理下手は調理をする順がわからなくなる

 

料理,下手,自信がない

 

調理中、料理の進み具合に煽られて次にする事を見失ってはいけません。

レシピサイトばかり参考にしていると、1項目ずつしか目を通さない癖が付いてしまいます。

 

まず、調理全体がどのように進んでいくのかを大きなイメージを持ちましょう。
そうすれば、レシピサイトを参考にしていても、目を通す部分が少なくなってスムーズが調理が行えます。

 

単純に調理中に頭が真っ白になってしまうのなら、基本の料理をひとつ一つを「何も考えなくても作れる」ほど繰り返し作り、体と頭に覚えさせましょう。

 

 

料理下手は調理中に片付けられない

 

料理,下手,自信がない

 

調味料を引き出しから取り出し、使ったら周りに置いてしまう。
調理器具を使った後は、その辺に置いてしまう。

 

限られたスペースしかないキッチンでは、片付けられないと周りがグチャグチャになり調理スペースを圧迫してきます。
そうなると、次に行うことがスムーズにいかなかったり、置き場が無くてあたふたしている間に調理が進んで焦げてしまったりなど良い事がありません。

 

他の要因とも大きく関わっていて、【料理下手は火加減を気にしない】ならすぐに焦げてしまったり、【調理をする順がわからなくなる】なら、尚パニックになってしまいます。

料理を作っている最中では、「常に作る事」と「片付ける事」を平行して行うクセをつけましょう。

 

 

料理下手は両手で調理をする

 

料理,下手,自信がない

 

包丁を使う利き手を肉や魚の脂で汚したまま、包丁を握ってしまうと柄に脂が付いまいますよね。

 

次に包丁を使うときに手を洗わないといけなくなるし、そのまま柄を握ると脂がついて危険です。
ですので私たちプロも、下処理や調理には包丁を持つ利き手はなるべく汚さないようにします。

 

とは言え、両手を使わないともたついてしまう瞬間はあります。
その場合には手を速やかに洗うため、キッチン用のハンドジェルがすごく便利です。

 

 

肉や魚の脂がサッと落ち、ニオイも分解してくれます。
さらに洗った後の水切れがよく、次の料理へスムーズに移行できるので、我が家の常備品です。

 

 

料理下手は調理中食材を見ていない

 

料理,下手,自信がない

 

〇分焼く、これの次にこれを入れる、機械のようにレシピに書かれている条件しか見ないまま料理を作ると、おいしくないけどまずくもない料理ができやすい。
料理は食材の変化を感じながら、調理をすすめるものです。

 

例えば野菜を炒めているとして、レシピに中火と書かれているからと、食材の具合関係なしにひたすら中火で炒めていると、味付けの途中で焦げてしまうでしょう。
豚を茹でるなら、豚の状態を見ながら火が通ったタイミングを過ぎてしまうと、後は味が抜けて固くなるだけ。

 

初心者用の丁寧なレシピを参考にしていたなら、火加減や引き出すタイミングも書かれていますが、素人が載せるレシピサイトにはほとんど書かれていません。

 

書かれていなくても、フライパンや鍋で調理している食材の具合を計りながら調理するのが一般的。
レシピの文字ばかり追うクセが付くとこのようになってしまいます。

 

 

料理下手は火加減を守らない

 

料理,下手,自信がない

 

何かを調理していても、ずっと強火。
中火や弱火にする意味が分からないから、調節しないのでしょうね。

 

わかりやすい例では、みそ汁を作っていて、湯を沸かす、具を茹でる、出汁や味噌を入れる、ずっと地獄の釜のような強火で作り上げる人がいます。

 

湯を沸かしている時なら、強火なら早く沸くのでOK

具を茹でる時には弱火寄りの中火。水は100℃以上にならないので、激しく沸騰させてもメリットがありません。むしろ、水分が早く蒸発して全体の量が減り、食材同士がぶつかり削れてしまいます。

出汁や味噌を加えた後に激しく沸騰させると、香りが飛んで(無くなって)しまうからNG

 

このように、調理の工程で火加減を調節する意味がちゃんとあるのを理解してください。
レシピに書かれている火加減を無視しては上手く作れませんよ。

 

 

料理下手は味見をしない

 

料理,下手,自信がない

 

味見をしなくても、美味しい料理を作る方はいます。
でもその反面、おいしくない料理を作る人は味見をしません。

 

家庭で同じ料理を続けて作ると、家族からブーイングされてしまいますよね。

 

だから料理を作るなら、食卓に座って初めて食べるのではダメ
作っている途中で味見をしないと、次に作ったときに覚えていないからです。

 

個人的には、そんなに味見をするのが面倒です?って思います。
すごく手間なら仕方ないと思いますけど、ほとんどの方は家族のために作るのですから、味見をして修正するくらいできますよね?

 

最低限、お皿へ盛りつける前には味見をするクセを付けて下さい。

 

 

味見をしてもどうすればいいかわからないなら

 

こちらで味付けの方法を詳しく解説しています。

ゼロから覚える料理初心者のための味付けのコツをシェフが解説

味の付け方がわからなくて困る初心者さんは多くいます。味って見えないし、自分の感覚を基準にしなけれないけないので、不安になって迷走したりわからなくなってしまうんですよね。「こうするんだよ」って誰かが横にいて教えてくれると、わかりやすいのですが、なかなかそうもいきません。だけどそんなに困る必要はありません。一度リセットして、ゼロから味付けの基準を見つけましょう。

 

味付けに自信がなくても、何度も繰り返し、味がブレる幅を狭くすれば改善されます。

 

 

料理下手は思い付きでアレンジする

 

料理,下手,自信がない

 

間違ったアレンジをしてしまう人がいます。
一番多いパターンが、出来上がった料理へ、タレをかけるパターン

 

人は濃い味に慣れてしまうと、繊細な味がわからなくなってしまいます。
味を付け終えた料理へ、味の濃いタレを加えるのは止めましょう。

 

後、食材の味がわからないほど、調味料で味を付けるのも止めて下さい・・・

 

 

料理下手は正解のわからない料理をイメージで作る

 

料理,下手,自信がない

 

着色したご飯で外国人が作る謎のレインボー太巻きと同じで、料理の正しい着地点を知らずに作ると陥りやすい症状です。

 

料理,下手,自信がない

 

太巻きや寿司が何たるかを知らないで作ると、こうなります。

 

この料理は普通はこうだろう、こう作るべきだろう、色々な料理でそのような常識があります。
そこを知らずに作ってしまうと中途半端な料理になって、レインボー太巻きと変わらなくなってしまいます。

 

知らない料理を作るなら、せめて少しでもリサーチしてから作ると上手く作れると思います。

 

 

料理下手は人の意見を聞かない

 

料理,下手,自信がない

 

人の意見を聞かず、自分の我を通しているだけなら自己満足と同じです。
レシピサイトに書いてある内容が全て正解ではありません。

 

作った料理を食べた人の感想も素直に聞いて、改善できるポイントは今後に活かすといいと思います。

 

私たち調理師の中では人の意見を聞かないなんてあり得ません。
もちろん、仕事だからという部分もありますが、自分は頑張って作ったつもりでも、人に指摘されて気付く事も多いからです。

 

 

料理下手は同じ料理を作らない

 

料理,下手,自信がない

 

同じレシピで同じ料理を作らない
料理が下手な人というより、成長できない人に当てはまってしまうパターンです。

 

同じ料理を続けて作ると、家族から不満の声もあがるでしょうし、レシピサイトでは素敵なアレンジレシピも多いと思うので、仕方ない部分も理解はできるのですが・・・

 

あれこれに手をつけると1つの料理に対する熟練が少なくなり、成長速度が遅くなるのは間違いありません。
結果として、料理下手の枠からなかなか抜け出せなくなってしまいます。

 

さらに「基本」が身に付いていないと、料理下手の枠をグルグル回るだけ

 

2度目を近いうちに作るだけで、圧倒的に熟練度があがります。
3度目ならきっと上手く作れるでしょう。

 

そういった料理を1つずつ増やしていくと、料理技術の向上の近道にもなり、たくさんの料理を幅広く作れるようになります。

 

 

味覚に不安がある?他人の意見を聞けば問題なし

 

料理,下手,自信がない

 

味の感じ方は精神面も大きく影響します。

味覚は舌にある「味蕾(みらい)細胞」の働きにより感じています。抗がん薬を使用により味蕾細胞が傷ついて機能が失われ、本来の味がわからなくなります。

また、唾液の分泌低下による口の中の乾燥や、慢性的な食事摂取不足による亜鉛欠乏、心理的緊張、不安でも味覚障害がおこります。
群馬大学医学部附属病院 外来化学療法センター


自分の舌に自信がなくなると、不安によりさらに味覚は鈍くなってしまいます。

 

料理の味の判断に迷ったら、家族に味見をしてもらいましょう。
その際、あれこれ聞きたくなると思います。
だけど聞く要点は2つに絞りましょう。

 

・単純においしいかどうか?
・答えが「美味しい」ならこれでいいよね?
・漠然と「おいしくない」なら、「なんでおいしくないの?」

 

一度に色々聞かれると、聞かれた方もわからなくってきます。
「おいしくない」ときに、どうしたらいいか?を聞いても、料理を作らない人はわかりません。
「なんでおいしくないの?」と質問した答えから修正点を拾いましょう。

 

その後、料理の味を確認して自分の感じる味との差を埋めるようにしましょう。

 

 

料理教室で基準を作り直す手段もある

 

料理,下手,自信がない

 

それでも不安があるなら料理の先生の指導の元美味しい料理を作り、味を確認して自分の中の感覚を修正する方法もあります。
料理は一人でキッチンで作るので、指導者と共に作るだけでも随分と楽になります。

 

最近では現地まで通わなくてもいい、オンラインの料理教室もあり、食材などを自分で用意する分、通常の料理教室よりもかなり安くでレッスンを受けることができます。

 

オンラインの料理教室なら、個別指導のプライベートレッスンも比較的安いので利用してもいいかもしれませんね。

 

こちらでオンライン料理教室について丁寧に解説しています。

【初心者におすすめ】基礎を学べる人気のオンライン料理教室10選

オンライン料理教室を受講してみたいけど、初心者に人気があるおすすめのオンライン料理教室はどこだろう?そんな不安に答え、今回はゼロから始められる料理教室をまとめました。初心者に優しいオンライン料理教室ばかりなので、参考にしてください。


Sponsored Link
トップへ戻る