飲食でホームページのない新規店舗は売り上げが減るわけ【当然です】

飲食でホームページのない新規店舗は売り上げが減るわけ

飲食,ホームページ

 

新しくお店をオープンするにあたって、「ホームページっているのかな?よく分からないしお金もかかりそうだから、最初のうちはいらないかな・・・」

 

そう考えている方、作った方がいいですよ?

 

結論として、お店のホームページがあると売り上げが減ります

 

言い換えるならば、「ホームページがあったら来るハズだったお客さんがこない」のです。

 

 

ホームページを見て来るッピ?


 

 

そうなんだけど、そこまでの過程があるから、説明するね。


 


新規店舗こそホームページが必要な理由

 

飲食,ホームページ

 

ホームページが必要な理由は、集客用の媒体として非常に優秀だからです。

 

新規オープンをチラシやSNSで見た人のほとんどがホームページを確認します

 

もし自分が、新しいお店があると聞いたときにどうするか?考えてみて下さい

まず、店名で検索しませんか?

 

その時に、【ホームページがない=お店の情報がない】なら、どう感じるでしょうか?

 

検索したユーザーは、「あれ?ホームページないんだ」と思い、この時点で関心を無くす人がいます。
それでも興味を持ってくれている人は、次にSNSで調べます。

 

もし、SNSに載っている情報が少なければ、また関心を無くす人がいます。

 

まだ興味を持ってくれている人なら、お店の近郊の知人に聞いて回るか、自分で確かめに行くでしょうけど・・・最初の人数からすると、ずいぶん減ってしまいましたよね。

 

特に話題になりやすい新規オープンでは、SNSで広がりやすく、多くの人にお店の存在を知ってもらえる絶好の機会です。

 

たくさんの人に知ってもらって、売り上げを上げていかなければいけないのに、ホームページがないと、こういった見込み客を逃してしまいます。

 

 

ホームページに載せるべき情報

 

飲食,ホームページ

 

ホームページからの集客について勘違いがないように、先に言っておきますね。

 

ホームページは、2次的な集客が期待できます。

  • 食べログなどのグルメサイトで、あなたのお店の情報を見て興味を持った人が、情報を見に来る。
  • あなたのお店で食事したお客さんが、ツイッターやインスタに載せて、興味をもってくれた人が確認へ訪れる。
  • あなたのお店で食事したお客さんが、周囲の人に話して、興味を持ってくれた相手がホームページで情報を確認する。

 

ネット社会の現代のお客さんの行動パターンでは、ホームページの情報を確認してから来店します。

 

そこへ載せるべき情報は何でしょうか?

お客さんの立場になって考えてみましょう。

 

良さそうなお店を見つけて、ホームページを見た人は、どんなお店なのかな〜・・・って雰囲気や何料理のお店なのかをチェックします。

 

それから次の順番で確認する人がほとんどです。
どんな料理があるんだろう?いくら?どこにあるの?休みはいつだろう・・・

 

つまり載せるべき情報は、

  1. コンセプトや雰囲気
  2. メニュー
  3. 金額
  4. マップ
  5. 定休日

 

この5つが必須項目です。

 

後は、ホームページの見た目もお店の雰囲気をイメージさせるので大事なポイントです。

 

 

現在ホームページは中学生でも作れるほど簡単になりました

 

飲食,ホームページ

 

ホームページって、パソコンはよくわからないし、値段も高そうだし「いらない」ってまだ思っていませんか?

 

それって「スマホはよくわからん!」って言ってるお年寄りと一緒ですよ?

 

お店のホームページを作るより、まだお年寄りがスマホの使い方を覚える方が大変ですね。

 

そのくらい知識がなくても作れます。

 

一部のサービスでは、文字を入力してタップするだけ。
なので、普通の中学生でもスマホで作れるレベルまで簡単になっています。

 

その中では、無料で作れるサービスもあります。
>>ホームページ作成サービス「グーペ」

 

ちなみに、私もこのサービスに登録して、みなさんのサンプル用に30分で作ったサイトがこちらです。
>>サンプルサイト

 

15日間の無料体験があるので、その間に作れるのか試すだけでも価値は十分にあります。

 

もし、作れちゃた・・・って場合でも安心してください。
契約しなければ費用は発生しません。
それに調べてもらえればわかりますが、そのまま運営するにしても費用が圧倒的に安く、飲食店に必要な機能も多い、優秀なサービスです。

 

※入力事項の店舗アドレスについて

 

飲食,ホームページ

 

登録画面でいきなり出てくる「店舗アドレス」とは、マンションの〇〇号室と同じ考えです。

 

 

何号室に住むの?
部屋の名前は好きにつけていいよ。


 

 

205号室を住んで、部屋の名前はABCにするッピ


 

 

分かったよ。
これからネットでの住所は「http;//sample.com/ABC」になるからね。


 

このような意味です。
店舗アドレスはお店の名前や愛称が無難です。
個人を特定する名称は止めておきましょう。

 

いきなり知らない言葉で戸惑うかも知れませんが、わからないのはこれだけだと思います。

 

 

知識やセンスがなくても本当に簡単にホームページが作れます。

 

「よくわからないから制作会社に依頼する」

 

その前に、まずは自分で作ろうとしてからにしませんか?

 

 

【サイト制作会社】費用はホームページの完成度で決まる

 

飲食,ホームページ

 

グーペ の費用って見てもらえましたか?

 

これがどれほど安いのかを確認のため、ホームページ作成会社に頼んだ場合の費用を比較してみます。

 

オーダーメイドで作る

あなたのイメージを形にして、おしゃれで素敵な飲食店のホームページを作るなら、製作費は15万円以上と維持費として月額7000円前後

これをとしてまとめて一年分支払います。(以下、全て一年契約が基本です)

 

234,000円・・・高額だッピ・・・


 

でも新規オープンでは、そこまでのホームページは必要ないです。
(こだわって作りたい方はご自由に)

 

セミオーダーメイド

用意されているパターンから選んで作ってもらいます。
それなりに見栄えがおしゃれで、お客さんが必要な情報も追加できます。

これでも制作会社に依頼すると、製作費5万円前後と維持費で月額5000円くらいが平均です。

 

一年分で110,000円かぁ
まだ高いかな?


 

レディメイド(既製品)

制作会社の決められた型に、あなたのお店の画像と文字をいれるだけです。

これなら製作費1万円と維持費で月額3000円〜5000円です。

一年契約なので、支払い額は46,000〜70,000円

 

どうでしょう?
個人的にはここまで差があると、取りあえず自分でやってみようって思います。

 

 

制作会社に依頼するメリットとデメリット

 

飲食,ホームページ

 

ホームページを制作会社へ依頼することについて、もう少し深く説明しますね。

 

メリットとデメリットを比較してみます。

 

制作会社に依頼するメリット
  • 制作してくれる
  • 連絡すれば更新してくれる
  • 細かな初期手続きを代行してくれる

この3点が大きなメリットです。

 

当たり前ですが、お金を払えば代わりに作ってくれます。
新規オープンの準備で忙しく時間がないところでで、契約さえすれば作ってくれるのは大きいと思います。

 

それに、本当にゼロから始めると、初期手続きでは少しめんどくさい部分があり、知らない方にとってはやや敷居が高いので、これを代行してくれるのはありがたいです。

 

プランによって追加料金が発生しますが、ホームページの内容を変えたいときには、連絡すれば対応をしてます。

 

では次にデメリットについてですが、

制作会社に依頼するデメリット
  • 費用がかかる
  • 時間がかかる
  • 必要な情報が載せれない契約もある

これも3点です。

 

費用は上で記したくらいが、大体の平均額です。
お金を出せばいいホームページが作れますが、かなり費用の負担になってしまいます。

 

オーダーメイドで制作した場合には、完成後のコンテンツの追加(デリバリーのページを足すなど)は15000〜30000円くらいの使い料金が発生する会社もあります。

 

<金額=ホームページの質>のわかりりやす方程式で、ケチるとホームページのグレードも落ちてしまいます。

 

何より代えがたいのは、時間がかかってしまうことです。

  1. 打ち合わせ
  2. デザイン案
  3. 制作
  4. 調整
  5. 引き渡し

ここまでで大体1か月かかります。

 

ホームページに載せたい店舗のイメージや料理の画像は、新規オープンの一週間前にしか撮れないのに・・・
それから制作を依頼していては、オープン日に間に合いません。

 

話題になりやすいオープン直前にホームページがない機会損失は大きいです。
オープンしてから一週間後にホームページができても遅いんですよね。

 

ホームページの内容の変更も、連絡→対応までのタイムラグが発生します。
依頼している以上、仕方のないことですけど機敏な運営はできません。

 

制作会社へ依頼したデメリットが悪目立ちする感じになってしまっていますが、自分で作った場合の費用やリアルタイムに更新できるフットワークの軽さを考えると、このようになってしまいました・・・

 

次は、ここまでのメリット・デメリットと、グーペを使って自作した場合を比較してみます。

 

 

Webツールを使って自作した場合との比較

 

飲食,ホームページ

 

Webツール(グーペ使用)を使って自作した場合のメリット、デメリットをまとめました。
制作会社へ依頼した場合と比較してみて下さい。

 

 

自作した場合のメリット

 

トータルの費用が圧倒的に安い

支払いはあるけど、収入がまだない新規オープン前では費用を抑えられるのは大きなメリットです。
費用対効果もかなり高くなると思います。

 

ホームページを作るつもりはなかった人手も手が届くし、高い見積もりでホームページを作る予定だった人も、浮いた分を違うところへ使えますよね。

 

 

リアルタイムなホームページが作れる

ホームページの情報をすぐに変更できると、お客さんに正しい情報を常に伝えられます。

 

お店の信用につながる大事なポイントです。

 

 

自分でWebクーポンを発券できる

簡単にWebクーポンを発券できる機能が便利です。

 

SNSのフォロワーからの集客や、個人のメールに添付するなど、使い方次第で販促に大きく役に立ちます。

 

 

便利な機能がついている

先ほどのクーポンの発券システム以外にも、飲食で有効な機能が簡単に使えるようになっています。

 

Web予約からSNS連携まで、ほしい機能がまとまっていてしかも無料です。

 

実は外部のサービスでもWeb予約のシステムとか色々ありますが、それぞれ登録してホームページで使えるようにするのはけっこう面倒です。

 

 

自分で作るデメリット

 

自分で作るのは無理

どうしても苦手で、できない(作れない)人がいるかも知れません。

 

グーペがダメで、それでもホームページを必要とするなら、制作会社へ依頼する他ありません。

 

 

更新の時間の確保がいる

忙しい中でもホームページを更新したければ、自分でやらないといけません。

 

メニューの変更等でスマホを触る時間を作ってください。
慣れればすぐにできると思います。

 

 

完全なオリジナルサイトは作れない

グーペはスマホで簡単に作れるよう、テンプレート(型)を利用しています。
そのため、同じようにグーペを利用して作っていれば、似た感じのホームページもあります。

 

お客さんは気にしないので安心してください。

 

 

どんなツールやサービスを利用しても、メリット・デメリットはあります。
その差し引きで考えてみてください。

 

 

まとめ

 

現代のお客さんの行動パターンは、お店の存在を知ると情報の取集のためにホームページを確認する。

 

ホームページが無いと機会を損失する=売り上げが減る

 

ホームページの制作は、予算に余裕のある方なら依頼して作ってもらうのもあり。

 

自作ならグーペ はコスパ最高

 

飲食店のホームページには、お客にとって必要な情報を正しく載せる

  • メニュー
  • 予約システム
  • 地図情報

 

Sponsored Link
トップへ戻る