【手際よく料理を作る方法】主婦目線でプロの段取りを伝授

手際が悪くて料理にかかる時間を短縮するコツ

 

 

料理には慣れてきたけど、時間がかかって嫌になってきたッピ・・・


 

 

そうなの?
いつもどの位かかる?


 

 

メインのおかずと、ちょっとした副菜と、汁系で1時間30分くらいッピ


 

 

それはちょっと、時間をかけすぎだねぇ
じゃぁ、手際よく料理を作るためのポイントを教えるよ!


 

夕飯一食分なら、1時間以内におさめたいところですよね。

 

「手際の悪いポイント」と、「手際よく進めるポイント」の2つを、例に出して解説しますので、参考にしてください。


手際よく料理を作るために抑えるポイント

 

 

料理の手際が悪い方は・・・実は共通のポイントがあります。

 

そこだけをちょっと修正するだけで、スムーズに作れるようになりますよ!

 

 

どうしたらいいッピ?


 

 

じゃあ、最初は献立(メニュー)を何にするか決めよう


 

 

手際よく作る練習は先にメニューを考えておく

 

段取り良く料理を作るには、最初にメニューを決めてしまいましょう。

 

 

買ってくる食材と、冷蔵庫の中にある食材でうまく考えてください。

 

メニュー(献立)の考え方は、
→今日は何を作る?メニューの簡単な考え方

 

まずは一品を決めると考えやすくなると思います。

 

料理が決まったら、次の工程に移りましょう。

 

 

もう決めてあるッピ!

 

今日は、ご飯と・・・

  • 豚ともやしの生姜焼き
  • 焼き魚(鮭)
  • 卵サラダ
  • みそ汁(揚げ・ワカメ)

を作るッピ


 

 

わかった
早速、始めようか


 

どうやら今日は、4品作るようです。
皆さんはこのメニューだと、どの位時間がかかりますか?

 

2つ火口のあるコンロで、目標は45分以内

 

余裕をもって作れる設定ですので、急いで怪我だけはしないように気を付けてくださいね。

 

 

調理の手順をホワイトボードに書く

 

 

各料理を作る手順を、簡単にホワイトボードに書いてみよう


 

 

簡単に書き出すだけで大丈夫です。

 

慣れてくると必要ありませんが、全体の調理工程を視覚的に確認し、整理するのに役立ちます。

 

このイメージが出来る人と出来ない人では、手際の良さが凄く変わってきます。

 

 

何から始める?作る順番を考えよう

  • 豚ともやしの生姜焼き
  • 焼き魚(鮭)
  • 卵サラダ
  • 揚げとワカメのみそ汁

あなたなら、何から作り始めますか?
豚ともやしの生姜焼き?
それとも、みそ汁?

 

この場合の考え方は、「先に作りあげても支障の少ない料理」から作り始めることが基本

 

上の4つの場合だと、卵サラダです。

 

 

先に作り上げて冷蔵庫に入れておいても、おいしく食べれます。

 

次に完成させるのはみそ汁です。
みそ汁は先に作っておいても、食べる前に温めなおせばOK
大根など、火の通りにくい具材の場合を考えると先に作り上げてしまい、食べる前に温め直せばおいしくいただけます。

 

しかし、他の料理はそうではありません。

豚ともやしの生姜焼きや、焼き魚は出来立てが一番おいしい。冷えてから温め直すと硬くなったりパサパサしたりします。

 

4つの料理だと、最初に卵サラダを完成させて次にみそ汁を作り、食べるタイミングに合わせて他の2つを作り上げると理想的です。

 

 

 

調理中は「ながら」を意識するとスムーズに作れる

 

 

よし!作りだすッピ!


 

 

何から始めるの?


 

 

最初は卵サラダを作ってから、みそ汁を作って、魚を焼いて、最後に豚ともやしの生姜焼きを作るッピ


 

 

順番に?


 

 


うん・・・


 

このように、ひとつずつ順番に作るのは、時間がかかるダメな例です。

 

料理に全く慣れていない初心者ならしかたありませんが、慣れてきたなら「〜〜しながら」を意識して作ってみましょう。

 

 

料理をいくつか作るときには、ひとつずつ縦に並んでいるイメージではなく、横に並んでいて少し縦にズレているイメージで作ってるよ


 

※イメージです

 

調理工程をかなり省いて書きましたが、卵サラダを作りながら、揚げとワカメのみそ汁も少しずつ作っていく感じです。

 

 

 

この4つの料理なら、このように作るといいよ


 

【ザクっと書いた、段取り良く作る工程】

 

  1. 卵サラダを作るためにお湯を沸かすと同時に、もう一つの火口でみそ汁のお湯も沸かします。
  2.  

  3. 待っている間に、卵サラダのハムを切り、ボウルへ入れておきます。まだ湯が沸くまで時間があるなら、みそ汁へ入れる具を切っておきます。
  4.  

  5. 湯が沸いたら、卵を入れ8分加熱します。
  6.  

  7. その間に、同時に沸いたみそ汁用の湯へ顆粒出汁と油揚げ、味噌を溶き、乾燥ワカメを入れるとみそ汁は完成です。
  8.  

  9. 味噌汁はそのままコンロから外して放置
  10.  

  11. 卵の時間がまだ余っているなら、魚をコンロへセットし、後は火を点けるだけの状態へ準備しておきます。
  12.  

  13. 卵が茹で上がったなら、流水で冷まします。
  14.  

  15. 冷えるまでの間に、次の豚ともやしの生姜焼きの調味料を合わせておきます。
  16.  

  17. 豚肉を切る必要があるなら切ります。
  18.  

  19. 豚ともやしの生姜焼き用のフライパンをセット。火を点け、フライパンが温まるまでの間に魚を焼き始めます。
  20.  

  21. フライパンが温まったら、豚肉を炒め、もやしも加熱し、調味料も加え味も調えて作り上げます。
  22.  

  23. そしてフライパンのまま少し置いておきます。
  24.  

  25. 冷めた卵の殻を剥き、切ってハムの入ったボウルへいれてマヨネーズと塩・胡椒で味を調えます。
  26. 器へ入れ食卓へ
  27.  

  28. 魚が焼けるタイミングに合わせて、みそ汁と豚もやしを温めなおし、器へ入れ食卓へ
  29.  

  30. 焼き魚を器へ移し、食卓へ

 

かなりざっくりしていますけど、4つのメニューを作るなら、こんな感じになります。

 

冷えた魚は温め直すと固くなるので、焼き魚を先に作るのはNG

 

料理を作る順番と、仕上げるタイミングが大切です。

 

 

あれ?
1時間で出来たッピ


 

 

手際よく作ってたからね
慣れると、もっと早く作れるよ!


 

料理の手際をよくするまとめ

 

  • 作る料理をあらかじめ考えておく
  • 料理を作る順番を考える
  • 〜しながらを意識して、調理する

 

料理を手際よく作るには、作る工程の他にも慣れが大切です。

 

同じ料理を何度が作れば、味もクオリティも向上し、調理の工程もスムーズになりますよ。

 

 

調理スペースを広くとる

 

キッチン周りは、色々な物をおきがちになります。

 

まな板を置く場所など、調理をするスペースを広くとりましょう。

 

 

散らかっていては、段取り良く料理を作る事はできません。

 

切った食材や使った調味料などもできるだけ、料理を作りながら並行して片付けることを心がけて下さい。

 

 

調理道具は使いやすい場所に整頓しよう

 

 

あれっ?
あれ・・・?


 

 

どうしたの?


 

 

木べらが無いッピ


 

 

えぇっ!?早くしないと焦げちゃうよ!?


 

 

調理道具は、いつも決まった場所に片付けるクセをつけましょう。

 

使う瞬間に、あるハズの場所にないと、調理を止めて探さなければいけませんよね。

 

木べらやレードル、などよく使うものは近くに、あまり使わないものほど、離れた場所に片付けるようにしましょう。

Sponsored Link
トップへ戻る