旨いポテトサラダのレシピ動画を解説 コウケンテツさんの絶品ポテサラ

コクとキレが調和するコウケンテツさんの絶品ポテサラ

コウケンテツ,ポテトサラダ

現役にシェフがコウケンテツさんの絶品ポテサラを実際に作ってみて、細かなポイントやコツを詳しく解説します。

 

ポテトサラダは慣れると簡単なので覚えておくときっと役に立ちます。

 

コウケンテツさんのように卵黄を入れてコクのあるポテサラもいいけど、マヨネーズにからしだけ加えるのもおすすめですよ。

 

 

コウケンテツさんのポテトサラダを食べたいから、一緒に作ってほしいッピ


 

 

ポテサラなんて、マヨネーズを入れて好きに作ればいいじゃん・・・


 

 

あ!れ!が!
食べたいッピ!!!


 

 

チッ・・・


 

・・・動画視聴中・・・

 

 

 

ポテサラ愛が溢れて、詳しく語ってたね。


 

 

すごくおいしそうだッピ!


 

 

からし入りか・・・割烹の板前に教えてもらった事あったな・・・

 

わかったよ。
じゃぁ一緒に作ろうか。


 

 


コウケンテツさんのポテトサラダの材料

<小鉢なら約6人分>

 

【材料】
・じゃがいも(男爵):3個
・玉ねぎ:1/4個
・ハム:2枚
・きゅうり:1/2
・砂糖:小さじ2

 

〇下味
・塩:少々
・酢:小さじ1

 

〇マヨソース
・マヨネーズ:大さじ3?4
・卵黄:1個分
・酢:小さじ2
・好みで練からし:小さじ1/2
・仕上げ用の塩、マヨネーズ、粗びきこしょう:各適宜

 

【作り方】

@じゃがいもは皮をむいて6等分くらいに切り、鍋に入れ、かぶるくらいの水を加えて砂糖を加えて煮立てる。煮立ったら柔らかくなるまで7〜8分ゆでる。玉ねぎは薄切りにして水に5分ほどさらし、水気をしっかりしぼる。きゅうりは薄切りにして塩少々をも見込んで5分ほどおき、水気をしっかり絞る。

 

Aじゃがいもに竹串がスーッと通るくらいになったら湯だけを捨て鍋をゆすって粉ふきいもにする。熱いうちに木べらなどでざっくりとつぶし、下味を加えてさっと混ぜ、玉ねぎを混ぜて粗熱をとる。

 

Bマヨソースの材料を混ぜ、ジャガイモに混ぜる。きゅうり、ハムを加えてさっと混ぜ、塩で味をととのえる。好みでマヨネーズを追加しても。器に盛り、好みでこしょうをふる。

 

<材料・作り方共にコウケンテツさんより引用>

 

 

コウケンテツさんのポテサラ動画の解説

 

コウケンテツ,ポテトサラダ

 

 

動画を参考に順を追って解説するね


 

 

1.まず、最初はじゃがいも3個の皮を剥く。

 

コウケンテツ,ポテトサラダ

 

 

皮を剥いたジャガイモは、放っておくと変色するから気を付けるッピ


 

 

そうだね。
すぐに調理できない場合には、水を入れたボウルへ浸しておけば大丈夫だよ。


 

 

でも、水に浸けると水っぽくならないッピ?


 

 

良い事言うね。

 

ポテサラの場合は水に浸けずに、すぐに調理した方がホックリおいしく作れるよ!


 

ジャガイモの芽はしっかり取り除きましょう。

 

 

2.次に1/6くらい、ゴロゴロっとした感じの大きさに切り、鍋に入れて水を注ぎます。

 

コウケンテツ,ポテトサラダ

 

 

何で水から茹でるッピ?


 

 

ジャガイモとかゴボウとかの根菜は硬くて火が通りにくいでしょ?

 

お湯から茹で始めると、中まで火が通る前に周りが茹で過ぎちゃうからだよ。


 

 

3.砂糖を加えて茹で始めます。

 

コウケンテツ,ポテトサラダ

 

 

ジャガイモへ自然な甘味を加えて、砂糖の保湿性でしっとり仕上がるテクニックです。

 

さすが!技ありって感じだね。


 

水量はジャガイモが浸って、上1cm程度。
水が沸くまでは中火で、沸いた後はポコポコと沸く程度に火加減を調整しましょう。

 

※ ここからは、ジャガイモを茹でながら他の作業をします。

 

 

4.玉ねぎをできるだけ薄く切り、水へさらします。

 

コウケンテツ,ポテトサラダ

 

 

水へって何だッピ?


 

 

「さらす」っていうのは、多めの水に浸してアクや雑味を水へ移す事だよ。

 

この場合、玉ねぎの苦みを取り除く為だね。


 

 

5.キュウリを1mm程の幅に、ハムは約1.5cm四方の食べやすい大きさに切ります。

 

コウケンテツ,ポテトサラダ

 

 

キュウリは切った後で1つまみの塩をまぶしておこう


 

 

ハムは普通の丸いハムを縦と横の格子状に4等分で良いッピ


 

 

6.ジャガイモへ竹串やつまようじを差し、煮えたか確認する。

 

コウケンテツ,ポテトサラダ

 

そのまま差すと熱い場合には、フォークで大き目の塊をすくって確認しましょう。

 

 

抵抗が無く、「スッと」通ったら煮えているよ。


 

 

7.煮えたのを確認した後、ジャガイモを残したまま湯切りする

 

コウケンテツ,ポテトサラダ

 

 

動画の通り、ジャガイモの角が残りつつ火が通っている具合が理想的だよ

 

15〜20分位だと思うけど、ジャガイモの様子を確認しながらいい具合を見つけてね。


 

 

さ・・・さすがだッピ

 

角がグチャっとなったッピ・・・


 

鍋にジャガイモを入れたまま湯切りするには、菜箸やフォークなどでジャガイモを抑えたままゆっくりお湯を捨てればできますが、火傷には十分に気を付けて下さい。

 

無理に行おうとせずに、一旦ザルへあけてから鍋に戻しても大丈夫です。

 

 

8.鍋を加熱し、余分な水分を飛ばして粉ふきいもにする。

 

コウケンテツ,ポテトサラダ

 

 

中火の弱め(10段階中4〜3)にして、水分が飛び始めたら少し火力を落としてね。


 

コウケンテツ,ポテトサラダ

 

このひと手間でベチャっとしたポテサラから、ほっこりしたポテサラに生まれ変わります。

 

余分な水分が蒸発したら火を止めましょう。

 

ここ以降、混ぜる〜完成までの作業になるので、ボウルへ移してもOK
その場合、次の荒めに潰す工程を早めに行いましょう。

 

実際には、

  1. 火を止める
  2. ボウルへ移す
  3. 鍋を水に漬け洗いやすくする
  4. ジャガイモを潰す
  5. 鍋を洗う

この流れでスムーズに調理が行えます。

 

 

9.木べらなどで荒く潰す。

 

コウケンテツ,ポテトサラダ

 

温かいうちに手早く潰すことによって、ジャガイモの中にこもりがちな水分を蒸発させ、出来た時のほっこり感を増します。

 

きれいに潰し過ぎない

わざと荒さを残し、食べた時にジャガイモらしさを残したプロっぽいポテサラにしましょう。

 

 

フォークの背を使うと、もう少し細かく潰れて小さなお子さんも食べやすくなるよ。


 

※ フォークを使う場合には、鍋を傷つけてしまう恐れがありますので、ボウルへ移してから行ってください。

 

 

10.塩と酢で下味をつける。

 

コウケンテツ,ポテトサラダ

 

下味用

  • 塩(約1g)
  • 酢小さじ1(5g)

加えてザックリ混ぜる。

 

 

混ぜすぎに注意してね。
7割ほど混ざれば大丈夫だよ。


 

ここまでで、ジャガイモはまだ熱い状態。

 

 

11.玉ねぎを加える。

 

コウケンテツ,ポテトサラダ

 

水でさらしてある玉ねぎをキッチンペーパーなどで包み、ギュッと握って水分を絞ります。
余分な水分が残ると、完成がベチャっとなります。

 

コウケンテツ,ポテトサラダ

 

ギュゥゥゥ・・・と絞って・・・

 

あっ!キッチンペーパーが破れたッピ・・・


 

 

力を入れすぎなんだって・・・


 

その後、まだ熱いジャガイモへ加えてザックリ混ぜ合わします。

 

コウケンテツ,ポテトサラダ

 

こねて混ぜない。ご飯を混ぜるようにさっくり混ぜましょう。

 

熱いジャガイモと混ぜることで、薄切りの玉ねぎに軽く火が通り、独特の辛みが消えてシャキシャキした食感だけが残ります。

 

このまま一旦放置して、粗熱をとります。

 

 

12.マヨネーズソースを作る。

 

普通ならマヨネーズを加えるだけですよね。

コウケンテツ,ポテトサラダ

 

ここでコウケンテツさんこだわりのマヨソースが登場

 

材料

  • マヨネーズ:大さじ3〜4
  • 卵黄:1個分
  • 酢:小さじ2
  • 好みで練からし:小さじ1/2

 

コウケンテツ,ポテトサラダ

 

マヨネーズは、たりなければ足して調整できるので、大さじ3で作ってみるのがおすすめです。

 

1.マヨネーズへ卵黄を加えて混ぜる
2.酢を混ぜる

 

この順番が混ぜやすいです。
個人的にはお酒と共に食べたいので、塩をあと1gほど入れたいかな・・・

 

 

からしの「ツーン」と辛いのは苦手だッピ


 

 

辛さを感じない程度の量を入れるのがコツ。

 

味がシャープになっておいしくなるよ。


 

からしは私も入れたい派です。
普通のマヨネーズを入れるだけのポテサラでも、からしを加えるだけで味に変化が出ますので試してみて下さい。

 

 

13.ジャガイモとマヨネーズソースを混ぜ合わせる。

 

ジャガイモの粗熱がとれてから、マヨソースを加えます。
こねないようにさっくり混ぜましょう。

 

 

マヨソースを混ぜるッピ〜


 

 

あっ!
まだ熱いから早いって


 

 

ッピ?


 

 

ほら卵黄が固まっちゃったじゃん・・・


 

 

粗熱とか言われてもわかんないッピ


 

 

粗熱をとるってのは、「熱い」状態から「温かい」状態にまで冷ます事を言うんだ。

 

目安は40℃以下くらいかな。


 

「粗熱をとる」は、他の料理でも度々登場するキーワードなので覚えておきましょう。

 

混ぜるにはコウケンテツさんも使っているような細めのゴムベラが使いやすい。

ル・クルーゼ(Le Creuset) シリコン コンディメント・スプレッダー 耐熱 耐冷 【日本正規販売品】
ひとつあるだけで、色々な作業に使えるので便利です。

 

 

14.キュウリとハムを加える

 

キュウリは玉ねぎと同じように、水分を絞り出してから加えます。

 

コウケンテツ,ポテトサラダ

 

ハムは重なっている部分をはがしながら、パラパラと入れるだけで大丈夫

 

コウケンテツ,ポテトサラダ

 

先ほどまでと同じように、さっくりと全体を混ぜ合わせ、9割ほど混ざったら味見をします。
ここでマヨネーズや塩など、味の最終調整をしましょう。

 

 

15.お皿へ盛り付け完成

 

 

できたッピ!!


 

コウケンテツ,ポテトサラダ

 

 

おぉー

 

おいしそう!


 

 

コウケンテツさんは最後に黒コショウをかけてたッピ


 

 

他にも、エキストラバージンオリーブオイルや、中華っぽく仕上げるなら花椒(ホアジャオ)も合うよ。


 

このポテトサラダはひとつ一つの下処理を丁寧にしているだけで、難易度は高くありません。
個人的な見解では、10段階中 2〜3くらいです。(10が最高難易度)

 

だけど、普通の材料ながらも卵黄入りのマヨソースでコクがあり、酢を加えてキレも調和したワンランク上のポテトサラダに間違いありません。

 

家庭でこのレベルのポテサラが出るなら、私たちプロでも「おっ!?」っと思えるレベルです。

 

おうちの定番ポテサラにおすすめですよ!

ポテサラと合うおすすめ料理の紹介

 

どうせなら相性のいい料理と一緒においしく食べたいですよね。
コウケンテツさんのポテトサラダにぴったりな料理を紹介します。

 

ポテトサラダに合う主菜

 

鯖の塩焼き

コウケンテツ,ポテトサラダ

by Kurashiru

 

 

まさかの鯖ッピ?


 

意外かもしれませんが、鯖や秋刀魚などの青魚とジャガイモは、プロも良く組み合わせるほど相性ピッタリです!
塩焼きの他、サッパリしたみぞれ和えや南蛮漬けも、まろやかなポテトサラダとおいしくいただけますよ。

 

簡単ふっくら サバの塩焼き 作り方・レシピ | クラシル

「簡単ふっくら サバの塩焼き」の作り方を簡単で分かりやすい料理レシピ動画で紹介しています。オーブントースターで簡単にふっくらと焼く、サバの塩焼きのご紹介です。サバは料理酒をかけてから焼くことで風味よく、ふっくらと仕上がりますよ。簡単においしい焼き魚が作れるので、朝食などにもぴったりです。ぜひお試しくださいね。

 

 

鮭のムニエル

 

コウケンテツ,ポテトサラダ

by Kurashiru

 

バターの風味とさっぱりしたレモンの風味がポテトサラダとよく合います。
ムニエルと聞くと難しそうに思ってしまうかもしれませんが、薄力粉をまとわせてフライパンで焼くだけなので簡単ですよ。

 

 

レシピの「醤油」をポン酢に変えてもおいしいよ!


 

レモンバターソースでいただく 鮭のムニエル 作り方・レシピ | クラシル

「レモンバターソースでいただく 鮭のムニエル」の作り方を簡単で分かりやすい料理レシピ動画で紹介しています。レモンバターソースでいただく、鮭のムニエルのご紹介です。有塩バターをたっぷりと使用しているので、濃厚な風味とカリッとした食感が味わえますよ。ソースに加えたしょうゆがアクセントになっています。ごはんにもパンにも合うので、お好みで組み合わせてみてくださいね。

 

 

なすとトマトの豚バラ重ね蒸し

 

コウケンテツ,ポテトサラダ

by Kurashiru

 

レンジで簡単に作れるさっぱりとした豚肉料理です。
トマトとポン酢、ショウガの風味と豚の脂の香りが、コクのあるポテトサラダとガツっと合致してはなしませんよ。

 

 

切って並べるだけだから、作りやすくておいしいよ!


 

レンジで簡単!なすとトマトの豚バラ重ね蒸し 作り方・レシピ | クラシル

「レンジで簡単!なすとトマトの豚バラ重ね蒸し」の作り方を簡単で分かりやすい料理レシピ動画で紹介しています。食欲が無いときでも、サッパリと食べられる、なすとトマトの豚バラ重ね蒸しのご紹介です。

火を使わずに作れるので、忙しい時や料理が苦手な方でも簡単に作ることができます。
甘酸っぱいたれをたっぷりとかけてお召し上がりください。

 

 

ごぼうと牛肉のピリ辛炒め

 

コウケンテツ,ポテトサラダ

by Kurashiru

 

牛肉のうま味とゴボウが甘辛いタレに絡まり、ご飯がすすむ一品です。
牛肉もゴボウも、ジャガイモと相性がいいので、副菜にポテサラがピッタリです。

 

お酒のあてに ごぼうと牛肉のピリ辛炒め 作り方・レシピ | クラシル

「お酒のあてに ごぼうと牛肉のピリ辛炒め」の作り方を簡単で分かりやすい料理レシピ動画で紹介しています。ごはんのおかずにピッタリ!ごぼうと牛肉のピリ辛炒めのご紹介です。

牛肉の旨みと根菜の風味が、しらたきに染み込んでとっても美味しい一品ですよ。
ピリ辛なのでビールには相性抜群のこと、簡単に作れるのでぜひお試しくださいね。

Sponsored Link
トップへ戻る